佐々木歯科医院 〒480ー1152 愛知県長久手市打越1812 - 2

顎関節症

なぜ痛いのか?どうして音がするのか?
〜佐々木歯科医院の顎関節治療〜

「顎がカクカクいう」「耳の前が痛い」「口が開かない」 などの症状は
顎の関節に異常がある可能性があり、 こういった状態を「顎関節症」と呼びます。

一言で「顎関節症」といっても、うまく付き合っていただくことが 最善の治療という状態から、総合病院での手術が必要な状態 (極めてまれです)までその症状は様々です。

日本では一般に「かみ合わせが悪いと顎関節症になる」といわれ、 歯を削ってかみ合わせを治療することが多いのですが、 「顎関節症の主な原因はかみ合わせではない」 という説も実は数多くあります。 1996年にNIH(アメリカ国立衛生研究所)が出した顎関節症治療に 関するレポートでも「かみ合わせの治療は始めに 行うべき処置ではない」とされています。

私は口腔外科時代、ほぼ毎日「顎関節症」の初診患者さんを 診させていただいていましたが、一度も歯を削ったことがありません。 (おかしなかみ合わせの差し歯や入れ歯を削ることはありました。) そして、ほぼ全ての患者さんで症状は治まりました。

日本ではあまり一般的ではありませんが、 世界の「顎関節症治療」はむしろかみ合わせを触らない方が主流です。

当院でもこの流れに合わせ、診察と検査の結果から、 まずはご自身の症状について正しく理解してもらい、 必要に応じて鎮痛剤や筋弛緩剤の内服、スプリント(マウスピース)、 開口訓練などの治療を行います。

適切な治療を

TOPへ