入れ歯をお考えの方

入れ歯

入れ歯ってどうやってくっついてるの?

部分入れ歯」の場合は、残った歯に金具を引っ掛けてみたり、 残った歯に金属を埋めて、マグネットを入れた入れ歯をくっつけたりすることができます。歯が残っていれば、その歯を利用してなんとか入れ歯を安定させることができます。ただ、残った歯にあまり負担がかかると入れ歯を引っ掛けたばっかしに歯が揺れ始めてしまったとか、折れてしまったなどということがありますので、無理な力がかからないようにきちんと計画を立てないといけませんし、調整も必要です。

総入れ歯」の場合は、利用できる歯が1本もないですので、 吸盤の力を利用します。入れ歯を歯ぐきにぴったりくっつけて周りをきっちり封鎖することで、吸盤のように吸い付くことができます。ほとんどの「総入れ歯」がこの「吸盤の力」で顎にくっついているのですが、最近は、歯が無くなってしまった顎にインプラントを入れ、そのインプラントに入れ歯を乗せてがっちりさせるといった< 治療法も可能になりました。

三角

伝統的な治療法と思われがちな「入れ歯」も 実はどんどん進化しているんです。

まずは相談から

TOPへ