虫歯が気になる

一般歯科

虫歯治療の基本は「削って詰める」です。

私たち歯医者は、ドリルで「削って」樹脂(レジン)を「詰める」という治療を毎日毎日行っています。

「ただこのレジンという樹脂は、そのままでは歯にくっつきません。どのようにくっつけているかというと、、、「特殊な接着剤」を使っているんです。

当院では、もちろん「削る」「詰める」にもこだわって治療していますが、「接着剤」にもかなりこだわっています。

接着剤の性能は接着剤そのものの厚みとくっつく力の強さ(接着強度)で比較されます。厚みが薄く、 なんにでもくっつく夢の接着剤があれば良いのですがそんなものは今のところ存在しません。

例えばセラミックにレジンをくっつけたい場合は、セラミックの表面に「シラン処理」という処理を行ってレジンとのなじみを良くします。金属にくっつけたい場合には、金属の表面の「酸化皮膜」を取り除くことで接着強度を高めます。

ただ樹脂を詰めるだけでもどこに詰めるのか、何とくっつけたいのかで処理の仕方や接着の方法が違います、樹脂そのものの種類も変えながら、より強く、より自然な治療を目指します。

お口の健康管理

ただ「削って詰める」治療でも、二度と同じ治療はありません。最善の方法と最良の材料で、丁寧に貴方の虫歯を治します!!!

虫歯を治そう

TOPへ