ホワイトニングをお考えの方

ホワイトニング

ホワイトニングって実は歯ぐきにいいんです!

ホワイトニングでよく使われる液体(過酸化水素)は、元々はアメリカで歯周病菌の殺菌に使われていました。

歯周病の治療で「過酸化水素」を使った人の歯がなんだか白くなっている!

Wow!!

ということで偶然発見された治療法が「歯のホワイトニング」です。

強い酸を使いますので、刺激で粘膜がやられてしまわないように歯ぐきを覆うことはしますが、元々は歯周病治療に使われていた薬品ということを考えると、ホワイトニングって意外にも歯ぐきに良かったりするんです!

ところで、歯ってどうして黄色くなるんでしょう?

点々

歯は目で見るとひとつの塊ですが、顕微鏡で見ると白い小さな柱が無数に重なっています。長年の間にこの小さな柱と柱の隙間に汚れがたまり歯の色が黄色くなってくるんです。

ホワイトニングでは、この汚れを酸の力(正確にはフリーラジカルの力)で分解して歯を白くします。

三角

ライトを当てたり、当てなかったり、歯科医院に通ってしたり、自宅でしたり、いろんな方法がありますので、興味がある方は是非聞いてください!

ホワイトニングをしよう

TOPへ