ササッキーリコメンド

月別アーカイブ: 2014年03月

合格おめでとうございます!

こんばんは、長久手市:佐々木歯科医院の佐々木です。

3月ももう終わりですが、3月といえば歯医者の国家試験合格発表があります。
6年間(留年があるのでそれ以上?)大学で「口とその周り」のことばかり勉強した3200人が受験し、2025人が合格。合格率は63.3%です。

受験者数に関わらず毎年2400人前後の合格者でしたが、今年は2000人ちょっと。
「多い」と言われている歯医者を国がいよいよ減らしにかかっているようです。(ちなみに「足りない」と言われているお医者さんの合格率は90.6%です。)

私立大学出身の私としては、自分の大学(愛知学院大学)がどうだったかが気になるわけですが、新卒者の合格率70.8%といまいちぱっとしません。東京歯科大学(私立)なんて国公立合わせてもダントツトップの95.1%もあるのに。。。

と思ってじーーっと数字を見てみるとあることに気付きました。
 国公立:出願者数と受験者数がほぼ同じ
 私立:出願者数よりも受験者数が少ない
国家試験っていうのは大学卒業見込みじゃないと受けることができませんので、出願者数-受験者数=卒業できなかった。つまり私立の場合は国家試験は無理そうだから留年してもう一年やりなさい!という傾向が強いということです。(国公立は留年させると税金の無駄使いになってしまいます。)

受かりそうな人だけ卒業させて合格率を上げる作戦なんですが、これも実際はどうなんでしょうか???

とはいえ東京歯科大学(私立)が凄いのは明らかで、卒業させて合格してるという点では昭和大学(私立)や我らが愛知学院(私立)も結構いいんじゃないでしょうか。

国家試験が難しく歯科医師過剰と言われている昨今。
学費が高い私立歯学部は人気がなく、入学だけならとても簡単です。
ただ、卒業できて国家試験に受からないと歯医者にはなれません。

歯医者を目指す高校生の皆さん!
学校選びは慎重に!!

TOPへ

桃の花

今日はひな祭りでしたね。
天気もよく温かいウィンドールームでは、桃の花がちらほら咲き始めました。

そろそろ花粉も飛び始めています。
お薬しっかり飲まないと。。。。

TOPへ