佐々木歯科医院 〒480ー1152 愛知県長久手市打越1812 - 2

小児歯科

ずっとキレイ、ずっと噛める これからの歯科医院の使い方
〜佐々木歯科医院の予防・メンテナンス〜

先日、平成23年の歯科疾患実態調査(厚生労働省が6年に1回調査しています。)の結果が公表されました。

小児歯科

昭和62年(24年前)と比較した「一人あたりの虫歯と無くなってしまった歯の本数(DMF歯数といいます。)」は、「20代までは」明らかに減少しています。これは、「お子さんが虫歯にならないように歯科医院で予防する」 という文化が、日本に根付いきた結果でしょう。しかし、この差は30台で徐々に縮まり、40代後半からは四半世紀前とあまり変化がありません。

一体なぜでしょうか?
歯や歯ぐきは40代から急激に衰えてしまうのでしょうか?

それは違います!

これは「お子さんの虫歯を予防する」文化が定着しつつあるのに対して、「ご自分の虫歯や歯周病を歯科医院で予防する」という文化はまだまだ定着していないからだと私は考えています。

「痛くないから」「まだ咬めるから」とついつい歯科医院に足が向かず、症状が出始めたころには手遅れで結局何回も通院が必要という経験は皆さんおありではないでしょうか?せっかく頑張って治療に通っていただいた後でも、その状態を放置すればまた虫歯になりますし、歯周病も進んでしまいます。

ただ、「忙しいからなかなか...」「痛くもないのに予約を取っても...」というお気持ちもよくわかります。 当院では、無理なく気軽に通えるスケジュールで「予防・メンテナンス」を行いプロの目で本当に悪くなる前の段階を見つけ出して「治療」します。その間に「予防」の正しい知識を身につけていただき、再び悪くならない環境を整えることで、結果的に身体的、経済的な負担を軽減することを目指しています。

「口の中がすっきりした」
「虫歯にならなくなった」
「口臭が消えた」
「ずっと自分の歯で咬めてる」
「インプラントがずっと使えてる」

そんな風に言ってもらえるように、スタッフ一丸となってあなたの虫歯と歯周病を予防します!

小児歯科

TOPへ